【平成26年版】行政書士試験短期合格術 勉強方法

 

難化する「行政書士試験」の短期合格法

カギは民法の記述問題の攻略法にあった

詳細はこちらをクリック


配点が大きくて、点数が取りにくいジャンルから優先的に攻略していく。


行政書士試験など、資格試験に短期合格するときの鉄則ですね。
その「お手本」を示してくれているのが、小野たかひと氏の



【行政書士試験短期合格術】


です。


この勉強方法に従えば、90日間で合格ラインを突破する事も可能です。


実際、モニターを募って試した結果、ほとんどの人が3ヵ月後に合格点(180点)をコンスタントに超えられるようになった、というデータも出ています。


行政書士試験には強烈な「クセ」があります。それは、


● 行政法と民法だけで合格点が取れるほど、これらの配点が高い
● 行政法は択一問題の配点が高いのに、民法は記述問題の配点が高い


ということです。


択一問題は過去問を利用して勉強すれば、合格点をクリアすることができます。


しかし、記述問題は過去問を中心とした勉強法だけでは対処できません。民法の対策には時間がかかるのです。


つまり、短期間で合格ラインを突破できるかどうかは、民法の攻略にかかっているわけです。


そこで、
【行政書士試験短期合格術】では、行政書士試験にフォーカスした民法虎の巻を用意しています。


この行政書士試験専用民法虎の巻があるからこそ、3ヶ月で合格することも可能になるんですね。


詳細はこちらをクリック




小野たかひと氏の【行政書士試験短期合格術】の情報を紹介しています。【行政書士試験短期合格術】は90日程度で合格を可能にする、行政書士試験の勉強方法です。